ドクター紹介

photo4

○著作

「究極の歯科治療」(現代書林)インプラントや審美歯科をはじめとする最新歯科治療の実際をお届けします。

「インプラントで新しい生活」最新インプラント治療のトレンドを詳しく紹介しています。一般の方から専門家まで納得の内容になっています。

「よくわかる歯科インプラント治療」(現代書林)さらに進化したインプラント治療の最前線を書いています。

みんなが知りたい歯の疑問Q&A

Q1どうしてムシ歯になるの?

歯の表面に付着したプラーク(細菌の塊)が、糖を栄養にして乳酸を作ります。
その酸により歯が溶けだしてしまいムシ歯をつくります。
対策としては、歯垢が付かないようにプラークコントロールすることが大切です。
フッ素を配合し、かつ殺菌作用の高いハミガキのご使用をお薦めします。

Q2どうして歯周病になるの?

ストレスやタバコによりお口の中が乾燥したり、プラーク(細菌の塊)を長い期間放置する
と唾液中のカルシウムと繋がり歯みがきでは取れにくい歯石となって歯周病菌が繁殖しやす
くなり、歯ぐきに炎症を引き起こします。
対策としては、歯科医院でのプロケアで、歯石を完璧に落とすことが不可欠ですが、日常的
に歯周病菌を殺菌し、歯ぐきを活性化させるハミガキの使用をお薦めします。

Q3根面カリエスって何?

年をとって歯ぐきが下がり、露出した歯根(むき出しの象牙質)にできるムシ歯のことです。
この部分は、特に酸に弱いので、放っておくと根から腐ってしまう危険があります。
早めのプロケアと、日常のフッ素入りハミガキのご使用をお薦めします。

Q4フッ素って大切なの?

フッ素は唾液中のカルシウムを歯に戻して歯を強くする働きがあります。
フッ素には反応が早く、歯の表面のエナメル質の再石灰化を促す「フッ化ナトリウム」と、
時間をかけ、歯の内の象牙質やセメント質の再石灰化を促す「モノフルオロリン酸塩」の
2種類があります。
理想的にはこの2種類のフッ素を配合した2種類のハミガキの使用をお薦めします。

Q5発泡剤なしだと何がいいの?

専門家の間では、発泡剤・研磨剤に含まれているある成分の中に、ハミガキの殺菌力を弱め
てしまうという学説が報告されています。
合成発泡剤・研磨剤は、なるべく含まれていないものがより効果的であると思います。

Q6歯の着色原因は何?

お茶、コーヒー、タバコなどに含まれる色素が沈着したもので、「ステイン」と呼ばれてい
ます。たくさん付いてしまうとなかなか落とすことが出来ません。
歯科医院でのプロケアで完璧に落とすことが不可欠ですが、その後にホワイトニング効果の
高いハミガキでホームケアをすることをお薦めします。

Q7食後すぐに歯みがきをするのは良くない?

その通りです。食後15分くらいまで、お口の中が酸性で歯の表面が溶けやすい環境にあり、
食後すぐに歯みがきをすると、エナメル質に傷がつきやすくダメージを与えてしまうのです。
どうしても気になる方は食後にデンタルリンスのご使用をお薦めします。

Q8いつ歯みがきをすればい良いの?

最も重要なのは、起床時、朝食前の歯みがきです。
それは就寝中は唾液が少ないのでいちばん細菌が繁殖するからです。

Q9正しい歯のみがき方ってどうするの?

予防歯科の先進国スウェーデンでは、イエテボリ大学推奨のみがき方が常識です。
それはフッ素入りのハミガキで歯をみがき、ゆすぐのはあえて1回だけ。
できれば、ハミガキ後2時間は飲食を控えるという方法。フッ素をお口の中にできるだけ
留めるためです。ゆすがない訳ですから、あまり後味の悪いハミガキはお薦めできません。
フッ素の配合はもちろんですが、刺激が強すぎず、泡立ちを抑えたハミガキをお薦めします。

ページトップへ戻る